Add Me!Close Menu Navigation

プレミア通信|世界最高峰のプレミアリーグの最新移籍情報、コラム、試合結果、ハイライトなどをお届けします☆

Add Me!Open Categories Menu

【アストンヴィラ】急性白血病により今夏現役引退の元主将MFペトロフが古巣セルティックで引退試合

アストンヴィラの元ブルガリア代表MFスティリアン・ペトロフ(33)がセルティックパークで開催された慈善試合、セルティック・イレブン対ペトロフ・イレブンに出場し、集まったサポーター6万人の前で最後のプレーを披露、フットボール人生に幕を閉じた。

アストンヴィラで主将を務めていたペトロフは、2012年3月24日のアーセナル戦の後に高熱に見舞われたため検査を受けた結果、急性骨髄性白血病と診断され、そのまま闘病生活を続けている。

この試合では現役時代にペトロフと一緒に戦った、FWヘンリク・ラーション、FWファン・ホーイドンク、FWディミタール・ベルバトフ、MFマルティン・ペトロフ、DFジョン・テリーらもピッチに立った。

Emotional scenes at Celtic Park as Petrov is overwhelmed by support at charity game alongside Berbatov, Dalglish, Larsson, Terry, Lambert and the rest

 

【試合ハイライト】

 

【引退セレモニー】

Facebookでコメントができます↓

Leave a Reply




関連記事もチェック!