Add Me!Close Menu Navigation

プレミア通信|世界最高峰のプレミアリーグの最新移籍情報、コラム、試合結果、ハイライトなどをお届けします☆

Add Me!Open Categories Menu

【WBA】解任を悔やむクラーク前監督「ウェストブロムではやり残した仕事がある」

成績不振を理由にウェストブロムウィッチの監督を解任されたスティーブ・クラーク氏(50)が、同クラブでやり残した仕事があったと解任を悔やんだ。

クラーク氏は、

「ウェストブロムではやり残した仕事があるんだ。だから監督職を解任されたことは深く悔やまれるよ」

「昨季8位で終わって、クラブのプレミアリーグでの最高順位を達成できたことは最高に誇らしく思うよ」

と、コメントしている。

Axed Steve Clarke had ‘unfinished business’ at West Brom

Facebookでコメントができます↓

Leave a Reply




関連記事もチェック!