Add Me!Close Menu Navigation

プレミア通信|世界最高峰のプレミアリーグの最新移籍情報、コラム、試合結果、ハイライトなどをお届けします☆

Add Me!Open Categories Menu

【マンU】レアル・マドリードのDFコエントランの獲得は移籍期限ギリギリで失敗!

現地時間2日(夏の移籍市場最終日)、マンチェスター・ユナイテッドはレアル・マドリードのポルトガル代表DFファビオ・コエントラン(25)に関して、期限付きローン移籍での獲得に動いていたが、移籍期限が閉鎖するギリギリで失敗に終わっていたことが明らかになった。

BBCの報道によると、移籍期限が閉鎖する1時間前にすでに両クラブ間とコエントラン自身もマンUへの移籍に合意しており、この時点でリーガエスパニョーラの公式サイトでアナウンスされたが、その後にレアルがコエントランの後釜として獲得間近とみられていたグラナダのDFギリェルメ・シケイラが、急遽ベンフィカへの移籍したため、最終的にはレアル・マドリード側がコエントランの放出を望まなかったともみられている。

Manchester United: Fabio Coentrao move fails

Facebookでコメントができます↓

Leave a Reply




関連記事もチェック!