Add Me!Close Menu Navigation

プレミア通信|世界最高峰のプレミアリーグの最新移籍情報、コラム、試合結果、ハイライトなどをお届けします☆

Add Me!Open Categories Menu

ニステルローイの移籍の真相は、『ファーガソンとの確執』!

_41942672_ruud_fergie203
Ruud condemns Ferguson after exit
 レアル・マドリーへの移籍が決定した元マンチェスター・ユナイテッドのオランダ代表FW、ルート・ファン・ニステルローイ(30)だが、移籍の理由は『ファーガソンとの確執』だったことを明らかにした。

 ニステルローイは、

 「残念なことだが、ファーガソン監督との関係は終わってしまった」

 「私にはもうどうすることもできなかったんだ。クラブやファンの方に支えられてもね」

 「監督との信頼関係が崩れてしまったら、もうクラブを去るしかないと思った」とコメントしている。

 ニステルローイが移籍を決意をしたのは昨シーズンのカーリングカップの決勝戦の後だった。 その試合でスタメンを外されたニステルローイは、チームが4−0と大量リードを奪っていたにも関わらず、最後まで出番はなかった。

 しかし、ニステルローイはファーガソン監督に感謝の気持ちも述べている。

 「私はファーガソン監督に『さよなら』を言ってこなかった。しかし、これから時間は十分に残されている。私は彼に大きな借りがあるんだ。だからとても悲しかったんだよ」

 「彼は私に多くのことを教えてくれた。大怪我を負ったときも、彼はずっと待っていてくれたし、その後にチャンスをくれた。私に大きな自信も与えてくれたんだ」

 「しかし、我々の良い関係は崩れてしまった。とてもガッカリしたよ」とコメントしている。

  •  2006 年 7 月 29 日 -
  • Category : 移籍情報 -
  • Tags :

Facebookでコメントができます↓

Leave a Reply




関連記事もチェック!